サッカーは女子も熱い!全日本大学女子サッカー選手権

ロシアワールドカップ出場権をかけて、男子の日本代表は2017年3月からアジア最終予選の後半戦に突入する。その前には2月にJリーグが今シーズンから再び1シーズン制となって開幕し、J2の横浜に在籍する三浦知良は50歳でJリーガーとしてピッチに立つなど、男子のサッカーへの注目、そしてサッカーのブログ数が増えていきそうな気がしている。

一方、女子は皇后杯が昨年末に決勝が行われ、INAC神戸レオネッサがアルビレックス新潟レディースをPK戦の末に破って、その頂点に立った。リオ五輪出場ならなかった女子サッカーへの人気は若干の衰えは否定できないが、2017年もぜひサッカーを盛り上げてほしいところだ。

女子サッカーもひと段落したかと思えば、実はまだ熱い戦いを繰り広げている。全日本大学女子サッカー選手権が昨年の12月24日からスタートし、今月13日に準決勝が行われる佳境に入っている。大学スポーツ新聞など大学スポーツサイトの一部では報じられているが、なかなか情報が表に出てきていないが、準決勝では早稲田と武蔵丘短期大学、日体大と神奈川大が顔を合わせる。

15日には決勝戦が行われる。大学女子サッカーの頂点を決める試合に目を止めてみてはいかがだろうか?